ブログ

ブックレビュー:『ブレイン・プログラミング』をやってみた(脳の活用でいろいろと実現するんだって)

注:この記事は2019年7月のメールマガジンを元に加筆しております。

こんにちは。

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

今回はある本を参考にしてお話を進めます。

『ブレイン・プログラミング』
(アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ共著 サンマーク出版)

英語の原題は「The Answer」(2016年)です。
「回答とか答え」ってことですね。

この本に出会ったのはYouTubeで、メンタリストDaiGoさんが紹介されていたからですが、私がNLP(神経言語プログラミング)のクラスで教わった、

RAS(ラス)

と言う脳の機能が詳しく書かれてありました。

その機能のおかげで夢や願いが現実化するのだ…

という説がワークとともに書いてあるんですね。

早速面白そうなので、よし夢を叶えちゃえ!とワークをやり始めました。

そこで、私が感じたことやわかったことをご紹介しますね。

年末年始にお時間があるなら、巻末の課題をやってみてください!

では参りましょう〜!

(脚注でPage XXとあるのは、抜粋や引用した箇所を表示しています)

*****

さて、RASについては次回に詳しく述べますが、
今日は早速あなたにやってほしいこと中心にします。

まず私が夢や願いを叶えるためにやってみたことは、

目標を紙に書くこと

でした。

え?そんなの当たり前でしょ。

ですよね?

では本当に手書きで書いてますか?

書いて壁に貼ったりしてる?

またはノートに書いて毎日見てる?

最後に定期的に見直してますか?

そうなんですよ。
これを徹底的にやってくださいとあるのです。

そしたら、そこに書かれたことへ目がいくようになるんですって。

—人生でほとんど何も達成できない人、
人生からほとんど何も得られない人が多いのは、
自分の望みをはっきりとわかっていないから—
(Page 42)

ここにオーストラリアの看護師さんが、死を目前にして多くの人が「決まって後悔していた」ことがあります。(Page 92)

・もっと幸せな生き方がしたかった

・友人たちともっと多くの時間を過ごせばよかった

・自分の気持ちを素直に表現すればよかった

・あんなに働かなければよかった

・他人に期待される人生を生きるのではなく、自分が望むような生き方を貫けばよかった

健康を失ってからでは遅すぎる。
健康だから自由でいられるのに、

そのことを理解している人はほとんどいない。

「健康」なうちにやりたいことをする

私たちって「健康」で「自由」だから、
見えなくなってるんです。

それがあることが当然だと、色々と先延ばししてやらないこと多くないですか?

なのでこれを読んだ後は、目標を紙に手書きで書いて、毎日のように目を通してください。

これ、必須です。

実はね、

私は以前、目標の中に、

「アカペラコーラス」
「ドラム」
「講演する」

などと書いていたんですが、

4週間経っての現在はこちら。

1、全く知らなかったんですが、知人がサークルに入っていると聞き、
今度アカペラコーラスを聞きに行きます。

2、ドラムは、あるタレントがテレビで「入門」した、とあるプロの集団のサイトに興味持ちました。もしかしたら公演に行くかも。

3、仲間の主催する対話カフェで、10月にゲストスピーカーとして講演することになりました。

どうですか?

多かれ少なかれ叶ってるとか、近づいているでしょう?

どうやら脳の機能は優秀なようです。

ブレイン・プログラミング

ぜひやって行きましょう!

今日の課題)

・ノートとペンを用意

・やりたいことを箇条書きにする

・毎日眺めるか、コピーして目につくところに貼る

・写真を撮り、スマートフォンの待ち受け画面にしてもいい

これ以外に、声を音声録画して自分で毎日聞くのもあるでしょう。

ここでのコツはそれを書いたり聞いた時に、感情が動くかです。

本当に叶えたい夢はあなたの感情を揺さぶり、喜びや幸せに満たされるものです。

逆に人に言われてやらざるを得ない目標や、「しなければならない」と思い込んでる目標は、あなたの力を奪います。

なので賢く選択してね。

それではまた次回RASについて詳しくお伝えします。

お楽しみに!

あっこ