ブログ

【潜在意識活用法④】意識しよう、諦めやすいものの見方と口グセと

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

潜在意識活用、脳の中のRASという機能を使って夢を叶えていく方法をお伝えしてきました。

参考図書はこちら:

『ブレイン・プログラミング』
(アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ共著 サンマーク出版)

今日が最終回となります。

やりたいことリストを作り、優先順位をつけて、紙に書いて貼ったりして毎日見ていますか?

そして「不安や恐れ」が出てきたら、まずは受け止めて、手放すことやってますか?

その上で毎日のエネルギー感を「ゼロポイント」に戻すため、好きなことをやって楽しく過ごしていますでしょうか?

自分は何もできていない。
やっぱり無理だ。

こんな声が聞こえてきたとしたら、

そこでストップ!

気をつけてください。

あなたのことを非難批判してる声こそが、
やれない・できない原因です!(^^;

勝者とは、決して失敗しない人ではない。
決してあきらめない人だ。
(Page318)

今日は「持続する」についてです。

せっかく作った目標に向かって、やり続けるためのコツをご紹介します!

それでは楽しんでご覧ください。

あなたの人生は意味づけで決まる


まず、持続できないのはなぜだろう?を解明しましょう。

アメリカの心理学者が実施した、「双子の調査」のお話があります。

被験者の中に、

一方は弁護士で、
もう一方が前科のある麻薬中毒者

とかなり違う人生を歩んだ双子の姉妹がいたそうです。

両親は喧嘩が絶えず、彼女たちが幼い頃に離婚。

父親は出て行ってしまい、貧困のうちに母親はアルコール中毒者とな利、子育てもままならない状態だったといいます。

心理調査員はそれぞれのインタビューで、同じ質問をしました。

「あなたはどうして今のような人生を送ることになったと思いますか?」

すると二人からの答えは全く同じだったのです。

「そりゃ、あのような家庭で育てば、誰でもこうなりますよ!」



この双子の姉妹は、人生において何が違ったのでしょうか?

それはものの見方だと言えるでしょう。

この例は、どのように自分の状況・環境を意味づけしていくかで人生は決まってくることを端的に教えてくれています。

家庭環境が、生い立ちが、◯◯だから、

-> 私は違う人生を歩むんだ、と思うのか?

-> 私もやっぱりああなるべきだ、と思うのか?

今回の「持続する」というテーマで、何かうまく物事が運ばないときや目標に向かって進まない、続かないのは、

「自分のものの見方ではないか?」

と疑ってみませんか?

「続けられない」のではなく、続けようとしていない。

そう考えてみるとどんな気持ちになりますか?

何か昔の体験が浮かんできたりするでしょうか?

ご自身の心に聞いてみましょう。

一瞬でものの見方を変える方法

さて、では何かやろうとして続かないとしたらどうすればいいでしょうか?

まずは習慣的に喋ってる

「ひとりごと」

に着目してください。

あなたのものの見方、は習慣化されています。

もし諦めようとする時があれば、

「どうせ無理」なのか、
「やっぱり今回はやめておこう」なのか、
「今じゃない」なのか、

どんな口癖を持ってますか?

ものの見方を変えるには、その口癖を変えていくことが助けになります。


ここで2つの考え方をお伝えしますね。

以前通ったコンサルサントさんの養成講座で叩き込まれた言葉です!

1. まずは15分
2. 30点合格

これをあなたの口癖に新たに付け加えてみませんか?

******

1. まずは15分

やろうと思ったことは、先ず15分だけやってみる、ということ。

それ以上はやらなくていいと自分にいうこと。
(タイマーかけてもいいですね!)

やりたい目標に関して、なぜか私たちは、

じっくり時間かけなくてはならない!

完璧な準備をしてから取り掛かるべきだ!

と呪文のように考えていませんか?

それを先ずやめましょう。

完璧、って一体どんなことでしょうか?
もしもはっきりしないなら、できないのが当然。

「完璧な準備」という言葉に振り回されないで。

「よし、まずは15分だけやってみよう」

そして、とりあえずやってみてから考えましょう。

2. 30点合格

やってみてソコソコでもいいと自分にいうこと。

なぜか私たちは、やるからには必ず良いものにせねばならない。と考えてませんか?

つまり、最初から100点満点狙ってませんか?

でも世の中、

まずやってみないと分からないことだらけ。

楽器を鳴らして音を出す
自転車に乗る
水に入って泳ぐ

やってみて初めて、

「ああ、泳ぐって、水の中で体がこう浮いて、
手足を動かすと進む、、、こういうことか!」

等とわかるわけです。

頭で理解するだけではできません。

最初は誰でも初心者、下手でいいのです。

あなたの目標も同じです。
一つ小さく始めます。

そして時間を短く、習慣になるほどやっていきます。

「ま、30点合格でいいや!」

では、紙に書いた目標を再度見てください。

特にAランクはやってみたいですよね?
期限も作ったもんね。

なのでまず、あなたの口癖を変えていきましょう!

++++++

いかがでしたでしょうか?

ブレイン・プログラミング。

なんかできそう?

難しそう?

人生は、文字通りあなたという「人」を生かすものです。

せっかく脳の機能として備わっている夢を叶える RASがあるのです。

うまく使って、生き易く、自分らしい人生にしませんか?

それでは2020年もあと数日。

思い残すことなく毎日をエネルギッシュに過ごしましょう。

次回もお楽しみに。
あっこ