ブログ

やりたいことが見つからない貴方へ①〜焦りの原点〜

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

今日は「やりたいことが見つからない」から焦ってる人へ

別の視点で物事を見てもらいたいなと思って

記事にしました。

それではよろしくお願いします。

やりたいことのない辛さ

・・・あっこさん、

やりたいことが見つからないんです。

なんか空しいです。

仕事はそこそこやっていますが、

一生続けるとは思えません。

だからと言って、

いまやりたいことがないからしょうがない。

これではいけないと、

何かやろうとしても続かないし、

正直疲れています。

もうどうでもいいかなと思います。

こんな自分は欠陥人間でしょうか?

このようなお悩みをもってるその人は、

とてもしんどそうです。

オンラインの通話でお顔が見えなくても、

画面の向こうで

肩を落としているのが想像できます。

「もちろん、あれもこれも試しましたが、

面白くなかった」

「やっぱ、持続力がないんですね」

と自虐的になっています。

ここまで読んでみて、

どこかあなたにも当てはまりますか?

この方へ、

どんなアドバイスがあると思いますか?

または、アドバイスするべきでしょうか?

自分だったら人のどんなことを言ってもらえたら、

嬉しいでしょう?例えば……

やりたいことがないんだね、、、

そういう時期もあるよ。

気にしないで。

きっと出てくるから、

忍耐強く待っていればいいから。

……こんな風に共感することは大事です。

ともすれば「欠陥人間では?」などと

自分を責める傾向にある人が多いので。

さて、コーチとしてかかわる時は、

普段のかかわり方と少し違うことをします。

ご参考になればと思います。

どんな視点で見てる?

私はこのテーマが出てきたら、

3つの角度で、

一番ピンとくるものを聞いていきます。

その3つとは;

1 やりたいことを見つけなければいけない

という視点にいるのでは?

2 そもそも他にやりたいことがあるのを

我慢しているのでは?

3 この世の中に、

すでにあるものから探そうとしているのでは?

思考のトラップ(罠)に陥っている事もあるので、

一応検証していきます。

今日は1つ目の視点について深掘りしましょう。

なぜ私たちは「やりたいことを見つけないとだめ」と

思っているんでしょうか?

それが成長につながるならいいのですが、

何か焦りや脅迫観念を感じるとしたら、

注意が必要かもしれません。

なぜならここにメンタルの

「ブロック(塊)」

が存在しているから。

あなたをストレスだらけにさせてしまう、

無意識にあるブロックです。

やりたいことがないなんて!

自分はダメなやつだ!

と攻め立てる感じです。

やりたいことが私を苦しめる時

私の体験をお伝えしてみますので想像してみてください。

私は一人暮らし、時間もお金も自由に使える身です。

そして40代の半ばのある時こう思ったんです。

(やりたいことを見つけなくちゃ、こんなに暇があるのに!)

(友達がいないなんてどうしよう?寂しい人生になるに決まってる)

(そうだ、どんなことでも20年続ければプロだっていうし、

今から何か始めたらきっと定年後に何かになれる!)

じゃぁ私は何が好きだったっけ?

子供の頃にできなかったことで、

今ならできそうなことを考えました。

そうだ、「歌うことが好きだった」

まずは大手スクールの、

「ゴスペルコーラス」に入りました。

1年ほどグループで毎週1回、

楽しく踊って歌ってとやっていくうち、

なんと年末の発表会は、

横浜の大ホールの舞台に立てました。

でもいつまでたっても、

声がよくならない。

声量がない。

そこで思い切って

プライベートレッスンに切り替えました。

ちょっと料金は倍になるのですが、

背に腹は変えられない。

私は上手になりたかったんです。

次に、区の図書館の掲示板で、

「ベートーベンの第九合唱団募集」

と見つけた時は

嬉しくて飛び上がりました。

12月までの半年間もの間、

毎週土曜に3時間、

最終的には週末ほとんどを練習して本番に向けて

がんばりました。

お揃いの白いブラウスと

黒のロングドレスを身にまとい、

大舞台で歌う……胸震える経験です。

終わった時は観客から大きな拍手と、

ブラボー!!!

の歓声が上がりました。

体の芯から感動して、

喜びが湧き上がりました。

**********

年明けて、

年末の興奮が冷めやまないうちに、

では次の練習は?

またその次は?

と団員の方たちから情報がやってきました。

私は次第に自分が「楽譜が読めない」という

コンプレックスに苛まれました。

このままでは難しい曲が歌えない!と。

そして、

もっと衣装にお金をかけたい!

という欲望もフツフツと出てきました。

しかもベテランの団員で、

新米たちを仕切る人が出てきます。

「練習になぜ来ないのですか?」と電話やメールがくる始末。

次第に歌うことは義務になり

苦痛にもなってきました。

ある時、ふと自分がなぜ歌っているのかを

思い出したのです。

私は歌うのが単に好きなだけだと。

コーラス団員として活躍するとか

他のことを削ってまで、

時間やお金を費やすこととは違うと。

正気に戻った後、

凧の糸が切れたようになって、

コーラスから足が遠のいてしまいました。

焦りの原点に立ち戻る

今思えば、

私はひとりぼっちの時間を埋めるため、

「やりたいことが見つかった!」と躍起になっていました。

それにうまくいけば、コーラスがお金(副業)にもなるかも

なんて密かな欲もありました。

でも途中で自分を苦しめる方向へと舵を切ってしまっていた。

本来、私自身が幸せになるために「やりたいこと」があるはずなのに、

何か無理に頑張らなくてはならなくなっていました。

歌うことは素晴らしいことだし

コーラスも機会があればまた参加したいです。

ですがあの時の「所属しなくてはいけない」などの

焦りと不安感は不要だと思います。

まさしく幸せになるために不幸になってた感じです。

自由な人生を選ぶ

私の体験を通じて1つ言えることはこうです。

「やりたいことがなくてもいい人生」もある、と。

あってもなくてもいいんだ、と。

なぜならもし自分に、

「やりたいことがなくてもいいならどんな人生?」

と聞いたなら、

きっと私はこう答えるでしょう。

私にとってそれは

自由に歌うことができる人生だなと。

自由気ままに、

好きな時好きな場所で歌うことができるなと。

もし「やりたいことがない」からとストレスを感じてるなら

少し時間をとって、それがなくてもいい人生を想像してみてください。

きっともっと気楽で自由な人生を味わえるのではないでしょうか?

では次回は、

「やりたいことが見つからない」を、

そのほかの角度で見てみましょう!

*そもそも他にやりたいことがあるのを

我慢しているのでは?

*この世の中に、

すでにあるものから探そうとしているのでは?

あなたも考えてみてね。

ではお楽しみに〜。

あっこ