ブログ

【ミニマルの生きる③】〜本・衣料〜取捨選択のあとで感じること

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

今月12月は年の瀬ということで、連載もので「ミニマルに生きる」ご提案をしています。

3回目の今日から数回にわたって、あっこが手がけた「お部屋の片付け」実践方法をお伝えします!

これまでの単なる整理整頓や大掃除とは違って、

まず「ミニマルに生きる」という思想。

これの信者になることが大切です!(笑)

必要最低限のモノに囲まれて、
平和な心で生きるんだと決めましょう。

それでは最初に全体像(現在地)を理解することから始めましょう。

最後までお楽しみください。

部屋は心を表している

まずザーッと見回してみましょう。

そして直感的に気になる場所へ、
またはモノへ足を運びます。

近くに行ってみて空気を感じるといいでしょう。

これは準備体操のようなものです。

私はまず玄関の靴箱に行ってみました。

縦長なので、下に靴、上の方は本棚とか日用品が詰まって、
扉を開けると必ず何かが落ちて来てました。

扉を開けて上から下まで眺めます。

でも、見てるだけでイヤーな気持ちになります。

同時にこりゃどうしようもないって諦めた感覚もある。

全部必要だと思えるからなんですね。

はい、扉を一旦閉めます。

同じようにして、家の中の各地にとどまって感じてみます。

「自分が何をどう感じたのか」

この感じがこれからの指針となり体を動かせてくれます。

ちなみにあっこ宅は狭い1DK。

なので、そんなに場所はないため10分で終了しました。

人によっては、時間もっとかかるかもしれませんので、

焦らずにゆっくり「感じる」をやってみてね。

******

こうやってだんだん、

どこを手がけたいのか優先順位を決めます。

自分の心の叫びに従う感じです。

私は「本」と「衣料」から手をつけると、

一番効果的にスッキリする感じがわかるし、

何と言っても「やりきった感」が気持ちいいので、

まずその2種類から手をつけました。

(これも人によりけりです。自分が一番入りやすいな、
と思うことから手をつけましょう)

(片付けの本などによると、

キッチン・トイレ&洗面所・玄関

などは日常頻繁に使うため、先に手がけると一変しますから効果大だそうです)

まずは「本」のお片づけをやろう

厚手の紙袋を用意します。
詰めたらゴミの日にそのまま出すからです。

(何冊か綺麗なのは古本屋で売りました)

本は全部出してきて、床に積み上げました。

特筆すべきは「全部出してくる」です。

そして、いまや海外でも人気の「こんまり(*下記参照)」方式を始めます!

一冊ずつ手にとって「トキメクか?」を図るんですね。

その上で、

「キープ」「バイバイ」「保留」

の3つのカテゴリーに分けていきます。

キープって結構すぐに分かります。
まだ一緒にいたいと心が思うからね。

難しいのは「バイバイ」を決めるところ。

自分に役立つ本だったけど古いとか、

思い出の本とか

高価だった本とか貰った本とか、

色々頭に混乱が出てきます。

なので「保留」→専用の保留箱に入れます。

ポイント)

この保留箱はダンボールとかで構わないので、部屋の隅に置いて、保留!ってなんでも入れちゃいましょう。

そして次がコツですが、

1週間経っても思い出さない・使わない・気にならない

なら捨てます。

本なら基準は「どうやら読む気がしない」ですかね。

ポイするときは、必ず本に向かって「ありがとう」を言いましょう。

その方がリスペクトしてる感じで気分がいいから。^^

次に衣料品のお片づけをしよう

もしあなたが服好きで、集めるのが趣味ならここは読まなくていいです。

好きなものはそのまんまで。

じゃないと逆に「不安定」になると思います。

不安定になると、
人間は不思議なもので「元に戻ろう」としますから。

逆効果になってもっと服を買ったり、
置き場に困るほどになったりするかもしれません。

なので今は整理しなくていいです。

******

では本と同様、家中の全ての衣料品(服だけではなく、靴やカバンなども)を出してきて、部屋の真ん中に置きます。

私の場合、もともと夏・冬服とも一つの衣装収納棚に全部入るぐらいの量しかありません。

そうはいっても服ってたまる。。。

外出用トップス・ボトム以外にも部屋着と寝間着。

下着も数種類・靴下があって、帽子・バッグ・手袋などなど、、、

うわ、出てくる出てくる!(笑)

では選別していきましょう。

「着ない・気に入らない・サイズが合わない」

これらは見分けがつきやすく、

速攻で「バイバイ」へ直行しました。

難しかったのは大好きなグレイのTシャツ。

胸側のイラストがフランスの国旗とエッフェル塔で洒落ていて、

Tシャツなんだけど、

着るとワンランクアップした気分になれる大好きなトップスです。

でも5年洗濯して着続けると、
襟がクタクタになっていて丈も縮んだ感じ。

悲しかった、、、

恐る恐る触ったところ、
トキメキませんでした(涙)。。。

こうやって1時間ほど向き合っていたでしょうか?

靴・アクセサリーなども含めて、
全部で3分の1ぐらいに減りました!

(つまり私は長い間、3分の2である「燃えるゴミ」を家の中に置きっぱなしにしていた計算^^;;;)

最後にどんな気分か感じてみる

一つ一つと「向き合う」ことが済んで、

玄関にゴミ行きの袋の山が積まれて、
部屋に戻りました。

さっきまで本があった辺りと衣装棚を見ます。

目だけでなく心に何が映るかを感じます。

「うん、いい気持ち!悪くない!」

こんな風に正直に感じていると、
大きな仕事を終えた気分になって、幸せです。

その後も必要な本は購入しますし、
服も買い足しましたが、、、

これまでと違うのは大切に扱ってるなと。

本から知識をしっかり得ようとしますし、

着ている服もたたんだり干したりするとき、
ちゃんとシワを伸ばしています。

不思議ですが、

「私が選んだもの」だから、メンテナンスに責任があるんですね。。。

結構メンタルがしっかりしてきて、モノの扱いが丁寧になった感じです。

では今日はこの辺で。

もしこの記事が気に入ったら、ぜひ今日にでも時間をとって、部屋の中をグルグルっと歩いて感じてみてください。

次回は楽しくミニマルにできた、

キッチン小物、雑貨や家具、日用品についてです。

お楽しみに~!

あっこ