ブログ

【ミニマルに生きる②】アパートの可動域を知らなかったとき・知ったとき

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

今月「ミニマルに生きる」ということで、連載しています。

いかにモノを必要最低限に減らしてみるか、そんなところを入り口に生活を変えてみたあっこが、気づいたことをお伝えしていきます!

え?モノ捨てるなんてもったいないじゃない?

そんな声も聞こえますね^^

今回は私がミニマリストさんたちに出会ったキッカケをお伝えすることにします。

なんだ、そうだよねーとお分かりいただけるかも。

ではお楽しみに。

狭いアパートはモノだらけ!

そもそも事の発端は2年前の大晦日。

急にコーチングを受けたいという方が現れまして、

オンラインセッションというのを致しました。

(大晦日ですよ。いかに急いでるかですよね?!)

いつも通り、家の食卓兼勉強机にノートパソコンを置いて、オンライン会議システムの動画で「こんにちは」と挨拶します。

するとその方の後ろに、お部屋が少し見えるんですね。

壁に長い布製のものが釣ってあり、
色んな小間物がピッシリ入っていました。

それからちょっと画面からはみ出るんですが、クリアケースのようなものが本棚の代わりに使われています。

そして私はというと、

(バレちゃうんですがこの際だから告白しよう)

ノートパソコンの向こう側には

うず高く積み上げられた書類と本の山!

一つどころか三つぐらいあるんですね。。。

かれこれ数ヶ月ほど、どこから手をつければいいのか分からないぐらい、セミナー関係とか、コーチング関係とか、ホームページの構想をなぐり書きしているのとか。

私は暇さえあれば、A4サイズの裏紙に考えてることを書いちゃうんですね。。

ゴミもいいところなんですが、

(待て待て、直感で書いたものって後で役にたつかもしれない)

なんて思うから余計に未練がましく捨てない。

結果は山のように積んで置いてあるんです。

…うん? やばいぞ。

そのペーパーの山を見つめながら思いました。

こういう環境でセッションするのって、
心が落ち着かないのではないか?

となると、

こんなに悩んで私を頼ってくれてる、
クライアントさんに有益なものにならんのではないか?!

とまぁ、私、

真面目ですから(苦笑)焦ったんです。

それで結果、正月休みに片付けらしきものをやりました。

でも根本的に考えが変わっていないので、

あっという間にまたゴミのような書類が、

机の上では足りなくなってプリンターの上とか、

ついには床の上にまで、

なんか意味ありげに並んでしまう様相になりました。。。

「どうせ掃除しても無駄」

と考えが固定しちゃったら最後、
どれほど積んでも感じなくなるんですね、、、

人間だもの、どんな環境でも慣れますね。

人間は習慣の生き物である

そう、私は紙ゴミをためる習慣があったのです。

バーチャル空間で新しい世界を見て

ある時、体がとても疲れていて寝付けない夜が続きました。

どうせ寝付けないから、とパソコンを開きました。

そのおかげでYouTubeの動画で、ミニマリストという方々の映像を目にし出したんです。

彼らのアパートはたいてい4畳半の1ルーム。

とっても狭いのです。

ところがところが、、、

床一面見渡せるんですよ!

だって何も置いていないから。

「あ、私の部屋より可動域広い?!」

愕然としました。

私はこの人たちより家賃は確実に2倍は払っていますが、

使っているスペースは多分2分の1ぐらいなんですから。

こうして私のミニマルに生きる決意はつきました。

ゴールデンウィークがやってきます。

絶対にその間の2日間は、
部屋の全てのスペースと向き合おう。

心に決めました。

前回お伝えしたTakeruさんの、

モノがたくさんあることの4つの弊害覚えてますか?

1. ストレスがたまる(心が疲れてることに気づかない)

2. 今やるべきことに集中できない

3. 自由を奪われる

4. 前に進むことができない

私はあのとき、振り返れば1. と2. を経験していたんですね。

しいては前に進んでいない感覚もありましたね。

片付けを徹底してみての結果、やっと部屋でリラックスできるような状態になったのです。

******

さて、それ以降はずっとミニマルな生き方を心がけています。

食品など消耗するものはいいのですが、

何か一つ固定するものを買うと、

不要なものを選んで捨てるような生活になっています。

プラスマイナス0にするか、マイナスに振れるようにします。

また、捨てるにはコンセプトと順序ってものがあると分かりました。

それから変な誤解も持たないようにしています。

曰く、

単に捨てりゃあいいのか?というとそうではない。

「考え方」の方が大事。

「モノを持たないのではなく、ちゃんと選んで買う」

「そして好きなものを長く使う」

こういうことも分かってきました。

では次回以降はしばらくその実践編をお伝えしますね。

まずは「本」と「衣類」から解放されるコツを書いてみます。

お楽しみに~~。
あっこ