ブログ

【ミニマルに生きる⑦】あっこ流おつきあいと時間管理

こんにちは。

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

今月12月は連載してきました「ミニマルに生きる」も、残すところあと2回です。

書いていて楽しかったです。
この話題はまたいずれ書こうと思いました。

お片づけはまだまだする必要あるし、
しっかり掃除もしたい。

これからの課題は、

窓ガラス
ベランダ
網戸
風呂のパイプ

の大掃除ですかねー

大変そうっ(汗)

心が成長するたび、
部屋にも反映される。

これからもどんどんと部屋が進化していく。

期待しますねー。

******

今日は前回の続きで、スケジュール管理の細かい技をお伝えします。

具体的に言うと、人づきあいをしないこと、です。

これも考え方なので、あっこ流が必ずしもあなたには合わないかもしれません。

無理せず使えるところだけ使ってください。

ではまずコンセプトですが、

「時間は自分で確保する」

「自分の幸せのために使う」

「やりたいことをやれるようにする」

この目的や思いをもって、
取り組んできたことが以下のとおりです。

1)無駄な付き合いをやめる
2)合わないなと思う人と一緒にいる時間を極力作らない
3)家事・生活は手を抜く
4)たまに非日常へ遠出する(しかも突発的に)
5)ちらっとかすめたアイデアは書いておき、時間経ってから見直す

では1つずつご説明します!

1)無駄な付き合いをやめる

そうだそうだ、とうなずく人は多いのでは?

でも知っていても行動に移せていないなら、
なぜでしょう?

「断るのはわるい」「後が怖い」

と不安があるなら大丈夫。

あっこはこれまで、ドタキャン含めて飲み会やイベントをたくさん不参加しお断りしてまいりましたが、その後の関係性にあまり問題ありませんでした。

なぜなら私以外の人も、結構断ってるから。

自分も断るのに、人が断ってくるのを嫌がるのはかなり矛盾してますからね。

コツとして最初に話がきた時、心がすごーく揺さぶられて行きたい!なら行く。

でもそうと思わないなら、ぜんぶNGにしましょう。

(え?ちょっと興味ありでもいいんじゃない?)

と思いますか?

うーん、それが違うんですよ。

「つきあい」で行くと後悔すること必須。

相手の方にも申し訳なくなりますから。

ちなみに補足しますと、「ビジネス上のつきあい」は断らないでいいです。

お客様になってくれるかも。
売り上げに貢献するかも。

というちゃんとした目的をもって臨みましょう。

そこにわくわくしましょう。

相手も私たちから何か受け取りたいことがあるんです。

Win-Winの力強い関係性を作るのが大切で、単なる楽しい時間ではないわけですから。

2)合わないなと思う人と一緒にいる時間を極力作らない

これは基本です。

これを知らない方って、

「いや、あの人も悪い人じゃないし」とか、
「いろんな方の意見を聞かないとだめ」などと、

自分に言い聞かせてるようです。

そして、我慢して付き合おうとするんですね。

実はそれは相手に迷惑です。

私自身の体験から言えるんですが、

「合わないのに我慢して付き合ってもらった」

経験がありまして、、、

それが分かったときは、大変屈辱的でしたね。

相手に腹が立ちました。

同時に、、、本当に心が痛かった。

自分を嫌いなら放っておいてほしかった。

その人が我慢しなくてはならない原因が自分とは!

なので無理なお付き合いはお互いのためです。
辞めましょう。

その逆に、本当に好きなんだと思う人や、この人から学びたいと思う人の横にいることは大切。

昨今はやりのオンラインサロンなど著名な方にお会いするチャンスもあるし、参加するのもいいでしょう。

ぜひ誰と付き合うかを選ぶこと、を自分に許可してあげてね。

3)家事・生活は手を抜く
4)たまに非日常へ遠出する(しかも突発的に)

3と4については何となくやってますかね?

枠組みに組み込まれてる毎日です。

自分らしくありたいと思ったら、
いろんなこと中途半端に放棄しましょう。

いいんです。

完璧でなくても死にはしません。

そして時間ができたら日常を脱出し、非日常にいきましょう。

近場の公園でもいいです(散歩散歩)

美術館・博物館なんて感性に響きます(美的美的)

特に海外はいいね(異国異国)

Vacationの語源は「空ける」ですから。
頭も心も、空っぽになってみてね。

こうあるべきを捨てる。

ミニマルに生きるには、
それが一番捨てるものですね。

それでは最後です。

5)チラッとかすめたアイデアは書いておき、時間経ってから見直す

日常で、ちょっとしたアイデアはメモ書きします。
でもすぐに飛びつかないように。

熟成させましょう。

やってみると時間かかるものかもしれないし、
自分の時間かけるほどのことなのか?考えてね。

資格とかお勉強とかはこの部類ですね。

私もこの類が大好きで、

「あ、面白そう、学びたい!」と思います。

それで、よく検定試験とか通信講座とかの資料取り寄せてました。

ただ、ほんとに大成するには、
なんでも約1万時間かけろって言いますね?

それほどのこと?
ほんとにやりたい?

あらためて心の響きに着目してね。

*********

とまぁ、つらつら書きましたが、
私、何でも決め事だと思っていて、

「自分の時間を大事にしたい」

こう決めれば全て後からついてきます。

この気持ちがあれば、

お付き合いする・しない、
イベント行く・行かない、
◯◯する・しない、

案外簡単に決められます。

それではまた次回!

最終回「ミニマルに生きる」はあっこの妄想です!

お楽しみにね〜。

あっこ