ブログ

50代で人生が変わる「朝の習慣」で、将来の不安とストレスから脱却しましょう

人生100年って言われてるけど、もうとっくに半分過ぎちゃったじゃない。私の将来どうなるんだろう?

不安しかない……

こんにちは。

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

私は複業で、会社勤務しながら、

主に中高年の方の心理的サポートをしています。

さて、これからのことを考えて不安を覚えているあなたに、

どうしても実践してほしいこと、それが「朝の習慣」です。

あなたの1日は朝の状態で決まると言っても過言ではありません。

朝からしんどい、辛い、と

体を引きずって寝床から起き上がるのと、

今日はいい1日になりそうだ!と

気分良く起きるのでは、

その日の過ごし方が雲泥の差になります。

そして毎日の過ごし方がより生き生きとした方へと向かえば?

そう、将来も生き生きしているのは当然でしょう。

大切なのは、どんな風に起きて、

何を考えて、

どんな感情になっているのか。

もっと意識的になりましょうか。

もし今、ストレスを感じ、なかなか寝付けない、

体調が今一つパッとしない、

何かしら気落ちしているのなら、

今からお伝えする中の一つでもいいので、

明日から取り入れてみてくださいね。

では参りましょう。

その習慣とは、、、

目が覚めてすぐの、まだうとうとしている間に、

幸せな状態や理想、願ってることを思う。

朝の日の光を浴びる。

今日一日どんな自分でいるか意図を決める。

そして、意図をもとに思いつくままジャーナル(日記)を書く。

この習慣が身につけば、

「人って幾つになっても変われるんだな」

と信じられることでしょう。

それでは一つずつご説明します。

人生が変わる朝の習慣①目覚めの一番に幸せでいる

目が覚めてすぐの、まだうとうとしている間に、

幸せな状態や理想、願ってることを思う。

まだうとうとしてる間は、あなたの潜在意識へと通じる道が広く空いています。

ここで「理想の状態」を覚え込ませることにより、

1日がその状態へと向けられやすいようになります。

ということは前の日の夜にでも、理想の状態を想像しておく必要もあります。

あなたが不安だとか悩んでいるとかの

心に重石(おもし)があるというなら、

その重石をいったん取り上げて、別の場所に置いてみてください。

不安や悩みがもしなかったら、

あなたはどんなことをしてみたいですか?

または特に何かしなくても、どんな風に毎日を過ごしたいですか?

理想の状態はいつでも作れます。

本当に小さなことでも構わないです。

その状態を想像できたら、次の日の朝、潜在意識に刻み込んであげましょう。

目覚めつつ、この理想を思い出しながらゆっくり味わいます。

人生が変わる朝の習慣②日の光を浴びる

以前のクライアントの方で体調がすぐれない、と愚痴っぽくなっていた方がいらっしゃいました。

それで毎日をどんな風に過ごしているのか、

インタビュー形式で詳しく聞いてみたところ、、、

昼夜逆転してました!

彼は朝起きられず、日中ボーッとしていて仕事でもミスが多く落ち込んで、、、

夜はインターネットやらゲームやらに夢中。

頭が冴えてしまってなかなか寝つけない。

ご飯はというと食べたり食べなかったり。

結局は「生活習慣」が整っていなくて、体にきていたんだねと納得されました。

ここでビックリしたことは、

私とのセッションで詳しく自分の生活を話すまで、

昼夜逆転に近いことに気がつかなかったということなんです。

私たちは習慣で生きています。

ある生き方を選んできて、それが当たり前、当然と思っている。

ということで、あなたには、

まず不安を持って生きる習慣自体、ストップしていただきたいです。

そのためにまず朝は、窓を開けて日光を浴びてくださいね。

朝の日の光を浴びる。

ご自身に1日が始まったよ、と感じさせてください。

日光は免疫機能をアップさせるらしいですし、

気分良くなるだけでなく、体調を整えるクスリみたいなものです。

しかも年中「無料」ですしね^^v

曇りや雨の日は、窓を開けて外気をスーッと吸い込むだけでもいいでしょう。

人生が変わる朝の習慣③意図決めして日記をつける

この「意図決め」については、ご存じない方が多いようです。

私も知らなかったのですが、

ある長期にわたる自己啓発プログラムを受けた時に聞いて、早速やり始めました。

これがとてもいい!

「今日1日をどう過ごすのか」最初に決めてしまうんです。

朝の日の光を浴びて少し体操をしたあたり、

呼吸をゆっくりしながら目を閉じて、

自分の心に聞いてみます。

「今日私は優しさと共にいます」

「飛躍」

「勇気を持つ」

などなど、なんでも構いません。

ただし、口に出して力が湧いてくるもの、幸せな気持ちになるようなものを選びましょう。

その言葉が体内に浸透していくのを感じます。

今日一日どんな自分でいるか意図を決めたあとは、

これは時間があればでいいですし、やらなくても構わないのですが、

意図をもとに、思いつくままジャーナル(日記)を書く。

1冊のノートを用意して、先ほどの意図をまず一行目に書いて、

その文章や言葉からインスピレーションを受け取りましょう。

そして、思いつくまま言葉が出てくるまま、

ノートに書き出していきます。

ここでその流れで、今ある悩み事や心配事も書き出してしまってもいいでしょう。

書いていくたびに「浄化作用」が起こって気持ちが軽くなるのも感じてください。

全部で15分ほどあればいいと思いますが、

時間が取れない時は、数分に短縮して自分の心の言葉を出してあげてください。

こうしてスッキリとした気持ちで、1日を始めていきましょう。

まとめ

「将来が不安でストレスを抱えてる」のが日常になっているとしたら、、、

まずは朝起きてすぐの「朝の習慣」を作ってみて、

不安からの脱却を図りましょう。

それは目覚めた時に理想の状態を味わうこと。

日光を浴びること。

今日1日の意図を決めて口に出すこと。

その意図を元にジャーナルをつけること。

朝の習慣は、起きてから1時間以内、

潜在意識にアクセスしやすい時、つまり思考が働き出す前に行うのが効果的です。

スマートフォンやテレビなどの外界からの刺激を与えるのは、朝の習慣が落ち着くまで、ちょっと待ってくださいね。

こうやって毎日を自分主体で作り上げていきます。

そこにはストレスを引き起こす、不安や心配の要素を入れる必要はありません。

そしてこれもぜひ覚えておいて欲しいのですが、

心配事の80%は実際には起こらない

という統計があります。

不安や心配とは、実は自分で作り上げた「まぼろし」のようなものなのです。

ぜひその幻想からこそ目覚めて、意図を持って今日一日を楽しみましょう。

それではまた次回。

最後までお読みいただきありがとうございました。

パーソナル“サードライフ”コーチ

あっこ