ブログ

45才からの脳内革命③〜試してみる〜

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

「試してみる」

これは人生において

1つの心がけではないかと、

数年前から肝に命じてやっています。

「試す」って2つ意味があるのではと思います。

1つ目は、相手に対してやってみること。

相手がどんな人間かを知るために、

引っかけ問題を出す感じ。

「XXXについて知ってるか質問して、ちょっと試してやろう」

という行動です。

これはあんまりオススメしません。

なんだろ、人を人として見ない感じだもんね。

今回、私が話題にしてるのは、

もう1つの試すことです。

「自分を試す」

新しいこと、既知のこと、

全く初心に戻って経験していくことです。

今日はこの「自分を試す」を深掘りしていきますー。

そうだ、タイトルに45才とあるので

それ以上の人しか読んじゃダメ、

と思われた方がいるかもしれない。

だいじょうぶですよー。

だっていずれはあなたも45才にリーチするはず。

今から始めたらけっこうお得かもしれません!

それでは最後まで楽しんでお読みくださいね。

「熟練」がジャマをする

じゃ、なぜ今これをやってほしいか。

ちょっと解説しますね。

よく私たちは「変わりたい」なんて言いますが、

実際「変わるのは怖い」のです。

脳の作用の1つに生命維持があって、

毎日心臓を動かしたり、

血流が流れてるというように、

「いつも同じであること」が安心に繋がりますし、

生きるために大切なのです。

思考も同様ですね。

物事に熟練していくこと。

何か問題があっても

過去の経験を元にスムーズに解決できることが大事。

でも「熟練」って、聞こえはいいのですが、

ある種、頑固になることと同じじゃないかな?

柔軟性に欠けてしまうんですね。

長年私は経理をしてきました。

30年近くやってると、目をつぶってでもできることがあります。

朝オフィスに行く。

デスクに座ったらまずPCを開いて、

メールをチェックし、

数人の方とのやりとりを同時並行でします。

何か問題が起きても、

過去の事例でうまくいったことや

うまくいかなかったことを思い出します。

そしてかなり早い段階で、

ベストな解決法を編み出してやってけます。

こんな毎日を過ごしていれば、

新しいことは不要になりますね。

新しいスキルとかシステムなどは

むしろ時間がかかるし、

効率が悪くなるので、

なるべく「知ってる」ことをやる。

そして「知ってる」範囲で判断し、

人に対しても

既知のレッテルを貼って対応します。

なぜって?

ラクだから。

毎月同じような月給なんですしね、

大変な思いはしたくないんですよね〜(苦笑)

これは私の独断と偏見ですが、

職場や家庭の問題というものが、

解決しにくいなーと思っても当然かもしれません。

問題があるのが普通で「知ってること」なので、

解消したら「知らないこと」になっちゃう。

するとそれは不安定だから、

なるべく解決しないような力が働いているんでは?と思います。

うがった考えかもしれません。

全部が全部そうとは言い切れないにしても、

差し障りのないように振舞って、

問題を野放しにしちゃうことないでしょうか?

それも全部、

「生命維持」の仕業かも?!

ミドルエイジを楽しめるコツ

こうやって新しいことから取り残される。

ミドルエイジクライシスは、

世の中とずれることから始まるのじゃないでしょうか?

今まで通りがうまくいかなくなるからね。。。

では生命維持が脅かされないような

「試し方のコツ」をお伝えしましょう!

1. まず変化したいことを決める。

2. 次に行動する。

ただし、

その1)小さな1歩にする

その2)毎日決まった場面でする

その3)慣れたら飽きる前に変化させる

ここでの注意点は、

生命維持の機能が怖がって拒絶しないためには、

気づいたらやってる

ぐらいの小さなものにしてください。

大きいと反動がきて辞めてしまいやすいです。

極力がんばらないで怠けましょう。

あなたが変化させたいものが例えば、

運動することだとしましょう。

(注)運動→あなたが変えたいものに変えて読んでみてね。

でもあなたは運動が嫌いだとします。

普通なら絶対にしないですよね?

でもそれをする意味を探します。

夏になったらプールで泳ぐ!

とか。

子どもの友達たちに

「かっこいいパパね」とか

「お母さんイケてるね」と言われたい!

とか。

ところが目標立てた途端、

心も頭も「無理」と思います?ですよね?

なので、

小さな1歩を決めましょう。

「毎朝1回だけ腹筋する」

え?1回?

なんて言わないでね。

0回を数年以上続けてきたのです。

それを1回できたら、

すごいじゃないでしょうか?

しかも、毎朝起きたら、と条件をつけましょう。

紙に書いて壁に貼ってくださいね。

目に入っていくと、

頭がその通りプログラミングされて行きますので。

1回をしばらく続けてると、

今日は2回ぐらいできるなーと2回やってしまいますね。

2回もやったら、

すごーく自信になりませんか?

倍ですもんね!

こうやって回数がどんどんと増えた時、

次に人は、

飽きるんですね。

なので変化を少し入れましょう。

腹筋でも下腹部中心にするとか、

腕立て伏せを1回だけ追加するとか。

大切なのは「昨日より今日」できたことの変化を愛でること。

中高年になったからって

成長を止めるのはやめませんか?

今からでも遅くありません。

やれなかったことや、

もう一度やってみたいこと。

小さく、小さく、試してみましょう。

こうやって充実した日々を作っていきます。

「世の中なんてこんなもんさ」

「私の人生なんてこれぐらいよね」

と言ってる自分に気づいたら慰めてあげてね。

だってもう一人のあなたは知ってる。

新しい変化を楽しめる人になりつつあるんだから。

変わるのが怖い自分へ

言ってあげませんか?

「だいじょうぶ。だからあと1回だけ試してみようよ」

ではまた次回もお楽しみに。

読んでいただいてありがとうございました。

あっこ