ブログ

45才からの脳内革命⑤〜許す〜

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。

45才からの脳内革命も第5回目です。

さて②の「感謝して生きてみる」の記事でご紹介した、

感謝日記をしていただいている読者の皆さん、

ありがとうございます!

反響があって嬉しいです。

続けてみてわかったことをぜひ教えてくださいね~。

感想はこちら!

coachakko3kyu@gmail.com

ちなみに1つアドバイスなんですが、

あっこのブログはシリーズものが多いです。

しかも毎回ワークとか課題が出ています。

でもね、、、

気に入ったのだけでいいですから。

全部やらなくていいですからね。

いつか思い出してやってみたくなったら、

過去ブログをざっと見ていただくといいです。

私の願いは、あなたが生き生きと人生を歩まれることです。

あっこのブログがあなたの重荷になるのは違うと思っています。

時間が取れなくて、

なかなかやれないと思ってるなら、

そう、前回の記事でお伝えしましたことですが、

「手ばなしてね!」

よろしくお願いします。

それでは今日のテーマに行きましょうか。

「許す」???

今からでもやれる、

私たちが幸せになるためのキーワード。

「許す」とはなんのことだと思いますか?

私たちは

誰を

何を

許すのでしょうか?

ちょっと心に留めて、

浮かんだイメージやらアイデアやら、

遊んでみましょう。

その言葉の感覚はどうですか?

厳しい?優しい?

暖かい?冷たい?

どんな風に捉えられるでしょうか?

許せる・許される人になる

私はかなり「自分」を許せるようになりました。

自分のいいとこ・悪いとこ

(実はいい悪いは主観的であり、真実ではないんですが)

全てありのままそれでいいと思っています。

でもそこに行くまでに、

数年かかったし、

コーチングも受けたし、

いろんな体験から「許しの大切さ」を学びました。

許すとは(ゆるむ)ことだと思います。

心の壁が崩れるとか、

何かを隠していた布がおろされるとか、

そんな感覚を私は持っています。

そうだ、

私の許しかたをお伝えするのに、

ちょうどいい例があります。

NLPコーチング養成講座の講師から、

セッションを受けた時のことを話しましょう。

私のテーマは「行き詰まりを感じる」

でした。

なんだか沢山やることあるのに、

全く行動できなかったのでテーマにしました。

私の学んだコーチングの特徴ですが

想像の世界(潜在意識に近しいところ)をよく利用します。

しばらくこのセッションの実況中継を、

読んで味わってみてね。

コーチング実況

私の目の前に1本の暗くて細い道が見えます。

それは頼りなくて、

砂利道で、

先の細いゴボウの形に見えました。

遠くの方は、暗くて見えません。

コーチの声が聞こえます。

では1歩進んでみましょう。

・・何が見えますか?

・・何か聞こえますか?

・・何を感じていますか?

「未来の私」はいつもの場所にいました。

狭いオフィスのデスクに向かって、

肩をいからせ、

キーボードをひたすら打っていました。

来る日も来る日も、

私はその椅子に座って、

目をしょぼつかせて、

何かをタイプしているのです。

その場所で立ち上がって、

後ろをくるりと振り向いた時、

「今の私」が見えました。

眉毛が八の字になって困っている様子です。

コーチの声が聞こえます。

「さぁ、未来のあっこさん、そこから現在のあなたへメッセージがあるとしたら?なんて伝えたいですか?」

そうね。

あのね。

あっこ、今からでも遅くないよ。

ここに来なくていいんだから。

何でもいい。

始めてみて!

まだ56歳でしょ。

今が一番若いんだから。

そして、私は「今の私」に意識を戻しました。

すると「未来の私」から、

しゃがれた声を受け取りました。

”そうね。あのね。あっこ…….”

複雑な気分です。

来ないでと言われたのです。

コーチの声が聞こえます。

「ではあっこさん、あなたの左隣に、あなたが進みたい道が見えますね?」

顔をそちらに向けると、

少しだけぼんやりした空気があります。

「ではそちらへと2歩3歩、歩いてみましょう」

恐る恐る左のほうへ進みます。

「そこはどんなところですか?」

じっと感じてみます。

何かしらさっきよりは広い場所にいる様です。

白っぽい土埃。

私は広い道の真ん中に立っていました。

目の前にずっと続いて遠くまである道です。

青空が地平線で、しっかりと区切られている。

促されて1歩ずつ歩みながら、

風景を確かめます。

ワークショップをしている私。

講師をしている私。

囲炉裏端で、

仲間と楽しく語り合う夕べ。

人生を十分に味わって、

毎日幸せを感じている私。

ひとつひとつが大事なシーンで、

どこかへ連れていかれます。

最後は宇宙に溶け込んで、

私のかたちが星々の中に入り込みました。

私はもう、どこにもいない。

そして、宇宙全体にいました。

不思議な体験をして「今の私」に戻ってきたのです。

選べるのならどうしたい?

私はこうして「別人になっていいんだ」と、

自分を許しました

不器用で

でぶっちょで

のろくて

鈍くて

優柔不断・八方美人

お勉強しかできない内向型

そんな私もいましたが

もう死にました。

今は広い道にいて、

どこへも行けますし、

どんなことも叶える力を持っています。

それではこの記事を読んでいるあなたへ

ちょっと時間をとって感じてほしい。

どんな自分になることを、

今、許しますか?

許されることは愛されること。

信じることが許すこと。

こんな言葉をお伝えします。

ではまた次回~!

最後までお読みいただきありがとうございました。

あっこ