ブログ

「こころのクセ」を知ることで、ストレスフリーに生きる!問題が解消する!

こんにちは。

パーソナルコーチの福井明子です。

やっと出来ました!

「こころのクセ」診断と言います。

診断はこちらから↓

https://resast.jp/page/fast_answer/5928

 

こころのクセってなんだろうと思いましたか?

 

例えば、負けグセ、

逃げグセ、

認めて欲しいクセ、

愛されたいクセ、

人を責めるクセに、自虐グセ。

 

いっぱいあるみたいです。

 

********

今回の「こころのクセ診断」を作ろうと思った理由は、以前のクライアント様で少なからずコーチングが前に進まないことがあったからです。

 

何か引っかかるんですね。

 

それでいくつかの分析を元に、あっこが勝手に「クセ」だと理解してから変わりました。

 

クライアントさんは大抵、コーチングを受けてみた当初はいろんな問題が解決します。

 

これ本当です。

 

そしてやる気に満ちてきて、やりたいことが出てきます。これも本当。

 

始まった当初はすごく順調にいくのに、3ヶ月ぐらいたつとスピードがガタッと落ちるんです。

 

実は私自身もコーチングを受けているときに感じたことですが、、、

 

知らず知らずやる気が半減して、また以前と同じような毎日を送る習慣に戻ろうとする。

 

新しいことをやろうとすると「どうせまたダメだ」という声が脳裏に聞こえる。

 

私は自分のコーチングの力が不足しているからだと思っていましたし、もちろんそれが一部原因でもあると思います。

 

ところが実際は、そのような現象は、脳科学で証明されていることだったんです。ホメオスタシス(生命維持機能)と言います。

 

つまり、いつもと違うことをすると生命維持を司る脳の機能が作動して、元に戻そうとするのです。危険を察知して、安心できる状態へと戻すのだそうです。

 

よく三日坊主なんて言いますが、自分が「意志が弱い」とか「続かない」と落ち込むことはありません。正常にそのホメオスタシスが動いている証拠なんですね^^b

 

ホメオスタシスは無意識に起こるので、自分がなんとかしたいとかの以前に、すでに作動しちゃうんですね。

 

私のクライアントさん達に言いたいのですが、

 

クセがあるのが悪いんではない。

振り回されるのをやめましょうと。

そのために意識的にクセを知ってるといいと思います。

 

人生やりたいことをやるために、まず「こころのクセ」を理解しましょう。

NLP(神経言語プログラミング)という学説では、「人は思い込みでできている」と言われています。

 

思い込み、錯覚、勘違い、

 

あなたの昔作った「思い込み(信念)」が、

ずっとあなたの人生を作ってしまうんです。

 

例えば私なんか「負けグセ」とか「責めグセ」が付いているんで、変な話ですが、私が欲しいことを全て他の人に譲るんです。(好きな人とか、やりたかった仕事とかね)

 

自分は勝たないと思っていて、負けなくちゃと思ってると「勝負」なんて本当はないのにも関わらず、全てに勝ち負けを作る視点を持ちます。

 

しかも勝たない自分を責めるんです。

やっぱりお前はダメだ!とかね。

 

なぜそんなバカなことするかっていうと「慣れてる」からです。負けたり責めたりするパターンに慣れていて、他を知らないからなんですよ。(びっくりでしょう!?)

 

逆にもしそのクセを知っていたら、、、

 

「あ、これじゃない」って気づくし、「もっと違う方法あるはず」と探すんですね。今までと違うやり方にOK出せるんですね。

 

クセが悪いんではなく、選択できていないことをやめよう。

昔、知り合いの女性で気遣いの達人がいました。

 

彼女は毎回何かの会合や、ちょっとした集まりに来る時

手土産をどっさり持ってくるんです。

 

ある時などは、私たち全員の名前がついた大判のクッキーが

綺麗に包まれてリボンかけられて、

ひとりひとりに手渡されました。。。

 

私たちは「ありがとう」と言って受け取りましたが、

なんとなく居心地が悪い。

 

なぜならその女性は、私たちにとって、

「それほど心を割って話せる友達」とは言えなかったからです。

 

話しかけてもソコソコの返事だし、

じっと人の話は聞いているけど意見を言わないし、

要するに自分を主張しないので本音で話したことがありません。

 

・・・モノで釣られるような居心地が悪い感覚。

 

だんだん私たちも疎遠になるというか、誘わなくなりました。

 

1年ほど経ったでしょうか、彼女から連絡が来たので

久しぶりにオンライン通話しました。

 

それで衝撃的に理解したのですが、、、

彼女は「負けグセ」の強い人だったんです。

 

「私、、、みんなに嫌われてるよね?」

 

挨拶もソコソコに彼女は暗い声で言います。

「わかってたの。一生懸命やってもダメなのよ。

だから3回に1回は会合に行けなかったのよね。。。」

 

え?そうだったの?

 

私たちは「具合が悪い」とか「都合が悪い」から

来なかったんだとしか思っていない、

もっというと気にしていませんでした。

 

「私、人に愛されないんだよね、いつも」

 

彼女の思い込みはとても強固でした。

ちょっとだけコーチングさせてもらって

安心してもらいました。

 

もうお分かりでしょうか。

彼女はいつものパターンで「愛されない自分」を演じてました。

 

しかも私たちに愛されるために、

「貢献」「奉仕」しなくちゃと思っていたらしいんです。

 

でも私たちは全くそんなこと願っていませんでした。

 

歯車が噛み合わないから、ずれていく。

そして離れていくしかなかったんですね。

 

****************

今回の「こころのクセ」診断では、特に顕著にコーチングセッションで出てくるネガティブなパターンを3つに集約しました。それは、、、

 

  1. 負けグセ
  2. 責めグセ
  3. 逃げグセ

 

詳しくは診断後のメールでお伝えしますが、

このような心にある見えないパターンが自ずと作動するとき、

 

メリットとしては安定した自分らしさになる。

でもデメリットとしては、同じパターンで失敗を繰り返すことになります。

 

この場合の失敗とは、

自分らしくなかったこと、

勘違いした行動で対応しちゃったことを指します。

 

 

私には◯◯グセがあるんだ、と理解していると、

何か問題が起こった時に

クセのまんまでやらなくて済みます。

 

そして不思議な話ですが、

いつものパターンに陥らないことだけ、で、

普通に問題が解消していけます。

 

まとめ

今回は「こころのクセ」診断の効用をお伝えしました。

 

よかったらこちらのリンクから入って受けてみてください(無料)

↓↓↓↓↓

https://resast.jp/page/fast_answer/5928

 

あなたのクセはどれでしょうか?

 

私からのプレゼントですが、

診断後に「こころのクセとの上手な付き合い方」メール講座

が送られてきます。参考になさってくださいね。

 

クセに気づく

→日常でどうしたいのか選ぶ

→自分の行きたい方向へと進む!

 

やってみてください。

ではまた〜!

パーソナルコーチあっこ