ブログ

【サードライフ流】行動したいあなたに必要なのは◯◯力

こんにちは

パーソナルコーチの福井明子(あっこ)です。


さて、前回、

「自信とは、夢に向かっての努力と行動、しかもその量」

という話をしました。

今日はちょっと説明不足だったところをカバーしようと思います。

だってね、努力とか行動って、人に言われてもしょーがない。

やはり自分が納得していなかったら、分かっていてもできない部類のものなのだと思うんですよ。

それと、そもそも自信がないと夢なんて持てないわけですし。

矛盾だらけですよね、、、

ということで、

あっこの考える「公式」がこんな風にできました。

自信がある = 夢のための努力 x 行動

夢 = (想像したら)心がワクワク x やりたい衝動

想像力 = 制約のないまっさらな状態 x 自分への期待

そうなのです。

行動したいあなたに必要なのは「想像力」です。

結局はあなたの想像力が支えてくれると思います。

想像力は自由自在で制限を持ちません。

本当に好きに、あなたがあなたの未来を作れるスキルであり、心の中の場所です。

あなたの夢を作り、それに向かって行動するエネルギーも生み出してくれる。。。

そしてその心の中の場所は、

誰にも邪魔されないのです!

想像力ほど強力な武器はない

「自信がないんです」と下向きだった方へ、ぜひやって欲しいのが無茶でバカげた想像力を持つこと!

なぜなら無茶でバカげていればいるほど、

今とは全く異なる世界に行けるのですから、

自信がない世界の住人 ー> 自信がある世界の住人

この違いは大きいでしょう?

 >そりゃそうだけど、、、

 >そんなのできないよ

 >バカなこというなよ

というあなたの中に声が出てきますか?

そんなお行儀のいい、良識のある「おジャマ虫」にはちょっと黙っててもらってください。

こんな風になりたい!

こんなんだったら生きてる甲斐がある!

と思わずニヤリとするような場面を想像してみてほしいです。

それでね、、、

ここまでなら単なる「オタク」な一人芝居で終わるわけです。

現実になってないんだから、さっきのおジャマ虫がこういうでしょう。。。

> いい夢みろよ(苦笑) <

悔しいかな、また元に戻って相変わらず「自信のない私」がいるんですよね?

想像力を働かせ「その先」へ行く

それでは、あっこの「特製スパイス」を振りかけることしましょう。

題して:想像力をどんな風にもてばいいのか

あっこが大好きだった2018年のドラマに、

『おっさんずラブ』というのがありますが、

このドラマの中でのストーリーを

今日はお話しさせてください。

↓↓↓

不動産会社に勤務する主人公の春田さん。

ある日、たまたま中古物件の一軒家を探しにきたカップルが、

高校の後輩のカズとその婚約者のヒナさんだった。

(よし、カズたちにぴったりの家を見つけてあげたい!)

と、さっそく物件を案内し始めます。

カズは新人賞をとった若手小説家で、

ヒナさんはマラソン選手。

カズが小説の取材した時、たまたま出会ったという、全く違う世界の人間でした。

春田さんは張り切って2人を連れて手ごろな金額の家を次々と紹介するんですが、なかなか決まらない。

内見はこんな感じで無残にも中断するのです……

ヒナ「このキッチン、日差しが入ってきて体内時計にいいわー!

練習場にも近いし、いいですね!」

カズ「うん、でもこの家は書庫にできる部屋がないな。

僕、仕事の資料がたくさんあるので、部屋が狭いと困るんだよ」

また別の家では、、、

カズ「部屋が広い、クローゼットもたくさんある。

ここだと創作意欲湧くなあ~、ここにしようよ!」

ヒナ「うーん、でもお風呂が狭すぎる。練習後のお風呂って大事なのよ。これじゃ足が伸ばせないわ」

と互いに意見を曲げず主張します。

とうとう最後には「もういい!」とケンカ別れ。

頭を抱える春田さんにカズから電話があり、

“価値観が違いすぎて…もう家は諦めます。結婚もやめます”

「え、カズ、頼む!あと一軒だけ明日見に行こうよ!」

どうしよう、と責任を感じて落ち込んでると、

営業部長も周りも、

「物件探しで婚約取り消し、よくあることだよ」

と言ってくれるんですが……

そして翌日、春田さんは最後の手段として、カップルを「売地」と看板が立っている家が建っていない一画に連れていくのです。

びっくりする2人に彼は頭を下げて言います。

「ごめんなさい!2人の希望にピッタリの条件の家は見つかりませんでした!」

「でもね、カズ、ヒナさん、

 もう一度、一から考えてくれないかな?

 これまではサ、それぞれの生活から必要だったものを言ってくれてたんだけど、これからは『2人のこれからの生活にとって』必要な条件を教えてくれないかな?

ふたりで生活をする、ふたりの家の・・・」

春田さんの言葉に気づいたカズとヒナさん。

思い直して「いずれ子供5人は欲しい!」「え?5人?」

と笑いあいながら話し始めたのでした。

「あなたの夢」は現状ではないという事実

長々とドラマのストーリーを読んでいただき、ありがとうございました。

カップルの価値観の相違とか「あるある」な題材だけど、本当はそこじゃないんだよと教えてくれて、私は大いに示唆を受けました。

つまり、大切なのは想像力なのだと。

私たちの夢や願いが叶えられないのは、実は「その先」まで想像していないからではないでしょうか?

現実の範疇でしか考えていないからではないでしょうか?

現実はこうだから、あれぐらいだろーとか。

私の、彼の、あの人の能力はスキルはこうだから、こんなもんだろーとか。

枠組みを超えていないんですよね。

残念ながら、同じメガネで物を見ていても同じにしか見えません。

夢を持ちたいなら、まずそのメガネをかけかえないといけないわけです。

夢の視力にあったメガネにしないと見えません。

現状からしか見えていないから「無理だよ、自信がない」となる。

先ほどのドラマでは、カップルはそれぞれの現在の生活しか見えてなかった。

なのでぶつかり合い、一度は結婚をやめようとしました。

でも、目線を変えて2人が作る「未来の家庭」を想像したら?

出てくる出てくる、ワクワクする家の間取りや内装、理想の生活。

枠を超えたらそこは「未開の土地」なんですから、好きにできるんですね。

「あなたの夢」は一歩向こう側にある

もしあなたの悩みや課題が「仕事」だったら、理想とする仕事と、それを毎日やっている自分の日常はどんなもの?

それが「人間関係(家族)」なら、その人たちとどんなふうになっている自分がいて、毎日どんな風に過ごしていますか?

「貯蓄」とか「経済問題」なら、すでに貯蓄できていたりうまく資金が回ってるなら、それを気にせず生きている状態はどんなもの?

「健康」もしかり。

「婚活」もしかり。

「転居」もしかり。

全く違う条件で生きてるあなたは、一体どんな人になってますか?

自信とは夢のためにする努力と行動、そしてその量。

そしてその夢はいつだって自分で作れます。

なので想像することから始めましょうか。

しかも目線を変えていきましょう。

あなたがこれから時間をとって、本当の意味で努力や行動をするために、大いに楽しんで想像してみてください。

その夢のために今日から小さな一歩、動いてください。

ではまた来年2021年のブログでお会いしましょ。

次回をお楽しみに。